2017年9月28日

結局「血液型」で人生決まるの!?一番成功するのは・・・



「血液型何型?」

「A型っぽぉ〜い!」
「B型ぁ?意外〜!」

・・・などという会話を、よく耳にする。

合コンで、飲み会で、付き合いたてのカップル、女子会・・まぁとにかく日本人は血液型で何かと判断することが好きなのだ。海外ではあまりそういう習慣がなく自分が何型か知らない人も多いというし、じゃぁ確かに血液型で性格判断をしていたら、じゃなにか?世の中には4種類の性格しかないんか?という話になり身も蓋もない。


だがしかし。


自分の血液型と誰か(恋愛対象だったり友人だったり・・・)の血液型を照らし合わせてその傾向を観察分析する会話は往々にして盛り上がるものである。さらに、長年による様々な定量調査や研究によって血液型で決まるざっくりとした性格や、嗜好の違いもあるのではないかということを提唱する研究者も少なからず存在する。

ということで・・・血液型にまつわる話が大好物な人もアレルギーがある人も、信じるか信じないかはあなた次第、しばし血液型論議にお付き合いを。


成功者たちの血液型は?

血液型では性格について語られることが多いので、今回は血液型によってビジネスの成功にどれだけ差が出てくるかを考えてみた。そして、一番成功する血液型は何なのか・・・!?投資や資金調達の達人であろう、世間で成功している著名な実業家の血液型を調べてみた。

※注意事項
そもそも血液型はあまり公開されない個人情報のため、当記事含めてネットに載っている血液型情報はあくまで「噂レベル」。そもそも血液型による人格決定の信憑性のレベル同様「○○型の人ってぜったい○○だよね〜」という、あの会話くらいの適当さだと思って、眉にべったりと唾をつけながら読んでいただきたい。


それではまず、日本屈指のIT長者の血液型から。

日本トップクラスの実業家といえば、もはや知らない人はいないソフトバンクグループ創業者、孫正義氏。膨大な額の投資を次々と回収し続ける彼の血液型は・・・O型。そしていまや飛ぶ鳥を落とす勢いの実業家、ZOZO TOWN運営会社スタートトゥデイ社長の前澤友作氏はO型。

あれ?早速O型が優勢か!?

と思いきや、同じく国内で有名なIT長者、サイバーエージェント創業者の藤田晋氏はA型。その友人と言われるホリエモンもA型。さらに日本が世界に誇る偉人、松下幸之助氏はA型と本田宗一郎氏もA型。これはA型もかなり凄いんじゃないか?


いわゆる”血液型の特長”から推察する。

A型には投資や投資や企業に必要な几帳面さ、真面目さ、慎重さ、そして周りとの協調性が備わっている。つまり“優秀なスーパー秘書気質”と言えそう。逆に慎重すぎるが故の時に必要な大胆な決断力や他と違う、ある意味際立つスター性が弱い部分が弱点になりそう。またA型は完璧主義者が故に万事において準備万端、リサーチも十分なところもまた長者。逆に言えば完ぺき主義だからこそ他人に任せることが苦手で全てを自分のコントロール下に置きたくなり部下が育たずビジネスも大きくなっていかないという弱点にもなるのだ。

O型は協調性に富み周りから好かれるような朗らかさ、そして大らかかつ大胆に物事包み込む“肝っ玉母ちゃん気質”がある。弱点は大雑把すぎる部分や、人を信用しすぎる性善説論者気質なところ。人を疑ったりするのが苦手なため騙されたり大掛かりな詐欺に遭う可能性も!?

B型は感情に流されず常に冷静に物事に対処できるのが強みと言えそう。時には冷酷なほどの際どい判断を下したり、利益のためにまっすぐに猪突猛進できる、“ポーカーフェイス猪”である。弱点は冷酷が故の周りとの信頼関係構築が難しいところ、理解できないレベルでの自己判断での突然の行動に周りが振り回される可能性も。

AB型はその特異性、ユニークな考えからカリスマ性がずば抜けている。大胆な判断や周りが思いつかなかったクリエイティブなアイディアで極地を切り抜け独自のスタイルで成功へとひた走るタイプだ。既存の考えに縛られないいわば“型破りスプリンター”である。弱点は独自のスタイルでありそして大胆であるからこそ勝負に負けた時にその痛手も大きい。セーフティネットなしに大きく賭けに出るからである。

そういう意味でいうとそれぞれに血液型にストロングポイントとウィークポイントがあるのである。そしてお気づきだと思うが全ての強みがひっくり返せば弱みにもなる。逆を言えば自分の欠点だと思うところも見方や活用方法を変えれば長所に早変わりする、ということだって言えるのである。


己を知ることこそ万事成功への鍵!

つまり、血液型しかりだが自身のタイプの強みと弱みをよく知りそれに見合った投資方法や人材投資をすべきだということ。自分にしっかり合ったスタイルを見極めることなのである。足りない部分は一人ではなく自分にないスキルを持った仲間を集め補いあうことも一つの戦法。まずは自分の強み、弱みをよく知ること。そして弱みは強みにだって変わることを知るのも重要である。

“THINK OUTSIDE THE BOX=固定概念に縛られずに物事を見るべし”という言葉があるはこれは自分自身にも言えることなのだ。

自分はこういう人だ、と決めつけず客観的になり擬似幽体離脱をしたつもりで遠いところから自分を見つめてみるのである。

誰かの目線からはそれが強みになるかもしれない、また別の角度からは自分が強みだと思っていたことが弱みに見えてくることだってあるのだ。

もちろん血液型はほんのその入り口。血液型、星座、占い・・・いろいろあっても人の性格や適正は千差万別。一般論をヒントとして本当に自分に合ったものを探し続けることが成功への鍵なのかもしれない。

SERViCESERViCEこの記事で紹介しているサービス

auのローン

将来を計画的に設計したい!自分の人生設計にあったプランが、もっとおトクに、もっとカンタンに作れるのが「auのローン」です。 

RWiTERRWiTERこの記事を書いた人

小林有希

ファッションバイヤーからフリーランスライターへ転身。むだな器用さから撮影小物づくり、スナックのママ、編集、漫画監修など多岐に渡って活動中。「ゆきびっち」という別のライター名が親戚バレして困惑中。

気に入ったらシェアしよう!

  • LINE

NEW HiNT!おすすめ関連記事

SERViCEauのライフデザインサービス

COPYRIGHT © KDDI CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED.